top of page

利用規約

利用規約

 

第1条(会員規約)

本規約は「NPO法人ベースプラス」(以下「当法人」という。)に入会を希望する方(以下「入会希望者」という。)及び当法人に入会した会員(以下「会員」という。)を問わず、当法人の提供するレッスン、スイミングスクール及びイベントなど(以下「当法人提供サービス」という。)を利用又は参加する者(会員の付添人を含む。)は、本利用規約を承諾し、これを遵守するものとします。

第2条(運営)

当法人は、「水泳を通して子どもたちを幸せにする」をモットーに「幼児・児童の健全育成」「スイマーをみんなで応援できる環境の創造」、「女性コーチの活躍の場の提供」を行いスポーツの振興を図るものとします。

2 当法人は、前項の目的を達成するため、水泳に関わる当法人提供サービスを企画運営・管理をします。

第3条(入会資格)

以下の方は入会資格がなく、当法人には入会できません。

(1)本規約をご承諾いただけない方

(2)入会に必要な手続きが不備なく完了していない方

(3)医師による運動制限を受けている、あるいは当法人の当法人提供サービスの利用について、医師、又は然るべき資格を有する者から許可をされていない方

(4)伝染性又は感染症の疾病を有している方

(5)当法人指定の会費や当法人提供サービスの利用料を遅滞なく支払っていただけない方

(6)刺青(タトゥーを含む)をしている方

(7)入会者及び入会希望者が未成年の場合は保護者や付添人が暴力団、暴力団員、暴力団関係団体、又はその関係者、その他反社会的勢力又はその関係者である方

(8)過去に当法人の入会金、当法人提供サービスの利用料の未払い債務がある方

(9)過去に当法人提供サービスに於いて、利用の停止、又は除名処分を受けている方

(10)過去に入会取消処分を受けている方

(11)前各号の他、当法人が入会不適当と判断する方

第4条(入会手続)

入会希望者は、本利用規約を承認して、当法人の手続きに沿って、入会申し込みをするものとします。当法人はその自由な裁量により入会申し込みを承認又は承認しないことができ、承認しない場合であっても、その理由を示す必要はないものとします。

2 入会希望者は、前項の当法人の承認を得た後、当法人の定める入会金、スポーツ安全保険料を、当法人が定める支払時期・方法により、当法人に支払するものとします。これらの代金の納入により入会手続きは完了し、入会希望者は会員となります

3 未成年者が会員となろうとする時は、本人とその親権者が連署して申し込むものとします。この場合、親権者が利用規約に基づく責任を本人と連帯して負うものとします。 

4 入会後であっても、第3条記載の事項が判明又は入会時に虚偽申告をしていたなど、入会にあたって重大な事実を隠匿していた場合には、当法人は入会を取消することができるものとします。入会取消の場合、当法人は、受領した入会登録料等を返還しません。

第5条(入会金・会費等)

  入会金・年会費(入会月から1年毎に更新)・スポーツ安全保険料(毎年4月に更新するものとします。ただし、既に加入している場合は除きます。)・当法人提供サービス利用料は、別途、当法人が定めるものとします。領収書の郵送をご希望される場合には、別途、郵送料と手数料が必要となります。 

2 前項の支払は、当法人が別途定める方法に従うものとします。なお、前項の支払は、会員ごと又は家族単位とし、複数の会員又は複数の家族一括で支払うことはできません。

3 入会金、年会費、保険手数料、当法人提供サービス利用料の金額は、経済情勢の変動等の理由により変更させていただく場合があります。この場合、当法人は原則として1ヶ月前までに、当法人のホームページを通じて、会員に告知するものとします。

4 入会金等を含め、当法人が受領した金員は、本規約等に定めるほか、返還しません。

第6条(当法人提供サービスの実施等) 

  当法人提供サービスの実施・運営については、当法人のホームページに掲載するほか、各サービスの細則に従うものとします。

2 各当法人提供サービスの人数調節・クラス編成・担当コーチの欠席などにより、提供サービスの中止や練習開始時間が変動する場合があります。

3 当法人提供サービスの利用にあたり、当日の実施施設の入場チケット料及びロッカー利用料(チケット料等は実施施設のホームページをご参照ください。)は、会員の負担となります。なお、ロッカー利用時の盗難について当法人は一切の責任を負いません。

第7条(会員資格の譲渡)

当法人は、会員が会員たる地位、会員たる地位に基づきレッスン等を利用する権利並びに会員の権利又は義務を第三者に譲渡、販売、貸与、承継、使用許諾その他処分をすることを禁止します。

第8条(禁止事項)

会員及び付添人は、以下の各号に定める行為を行ってはならないものとします。

(1)当法人提供サービスの実施施設(以下「実施施設」という。)の利用規約等に違反する行為

(2)酒気を帯びたままでの当法人提供サービスの利用

(3)実施施設への危険物の持ち込み

(4)実施施設の許可なく、盲導犬、介助犬以外のペットの連れ込み

(5)当法人提供サービスの利用において、当法人及び対象者の許可のない写真、ビデオ、携帯その他録音・録画機能付き器機の使用

(6)当法人、当法人の所属コーチ、他の会員又は第三者に対する誹謗中傷、暴力行為、セクハラ、不当ないし不必要な行為の要求、示威的行動その他一切の迷惑行為

(7)当法人の名誉又は信用を毀損し、又はそのおそれのある行為

(8)公序良俗に反する行為

(9)当法人又はコーチに対し長時間或いは執拗に 説明、回答、面談、連絡等の要求を繰り返し、又は書面による交付を求めるなどの業務妨害行為

(10)本規約に違反する行為

第9条(退会・休会)

会員が退会を希望する場合には、各細則に従うものとします。

2 会員が死亡した場合には当然に退会となります。その場合、当法人が受領した金員は、死亡の日の属する月以降の残存期間に対する年会費の月会費を返還するものとします。

第10条(除名・資格停止等)

当法人は、会員が以下の(1)~(5)の一つに該当する場合は、なんら催告を要することなく、除名又は期間を示して会員資格を一時停止することができるものとします。

(1)第3条記載の事実が判明した場合

(2)第7条又は第8条に定める行為を行った場合

(3)支払うべき年会費、レッスン料等の当法人提供サービス利用料の支払を怠った場合

(4)資格停止期間内に資格停止に至った事情が解消されなかった場合

(5)その他本利用規約に違反した場合

第11条(会費等の支払)

当法人は、会員が会費、レッスン料等の当法人提供サービス利用料その他、当法人に支払うべき金員の支払を怠った場合には、所定の期日から年率14.5%の割合による遅延損害金が発生します。

第12条 (クラスの日程・予約)

当法人が運営するレッスン等の当法人提供サービスは、すべて事前予約制とし、予約にあたっては各当法人提供サービスの予約方法をご参照ください。お申し込みは先着順とし、定員に達した場合は締切るものとします。

第13条 (レッスン等の中止等)

当法人は、理由の如何を問わず、予定されたレッスン等の当法人提供サービスの内容の変更、時間の変更、及びサービス提供の中止をすることができるものとします。

2 当法人は、やむを得ない場合には、当法人のホームページで予め告知の上、当法人の営業を一時休止することができるものとします。

3 前2項の規定に基づくレッスン等の当法人提供サービスの内容の変更、サービス時間の変更、サービスの中止、及び当法人の営業の一時休止が、天災地変、その他やむを得ない事由による場合には、会員は、当法人に対して、損害賠償請求等一切の請求をできないものとします。

4 当法人提供サービスの提供の中止が、当法人に起因する場合には、当法人は、他の提供サービスに振り替えられる場合を除き、受領済みの当法人提供サービス利用料を返還するものとします。

第14条(受講中の注意事項)

会員は、サービスの提供中、必ずコーチの指示に従うものとします。

2 会員は、サービスの提供中に体調不良により練習継続が不可能と判断した場合は、速やかにコーチに申告し、自らの判断でレッスン受講を中止するものとします。

3 会員は、サービスの提供前に、自己責任で準備運動やストレッチなどを行うものとします。

4 会員は、サービスの提供中、他の会員との接触事故を避けるよう、他の会員に気を配り参加するものとします。

5 サービスの提供中、施設により休憩時間がある場合、その休憩時間もサービスの提供時間に含まれます。休憩時間の分数がいかなる場合でも、サービスの延長を行うことはできません。 

第15条(ご参加の制限)

当法人は、以下の各号に該当する会員に対し、当法人提供サービスへのご参加を制限させていただく場合があります。

(1)体調に不安のある会員、治療中の疾病を有する会員、伝染病その他他人に伝染又は感染するおそれのある疾病を有する会員、一時的な筋肉の痙攣、意識の喪失などの症状を招く疾病を有する会員、既往症のある会員、薬を服用されている会員、及び現在妊娠中の会員

(2)飲酒等により正常な当法人提供サービスへの参加ができないと当法人が判断した会員、及び医師から運動を禁じられている会員

(3)その他当法人提供サービスへの正常な参加ができないと当法人が判断した会員

(4)施設で利用制限人数が設けられ定員に達している場合は、施設の使用上のルールに則り、待ち時間が発生します。事前に担当コーチと情報の共有を行い混雑緩和の施設への変更や混雑時間をずらすなど調節を行うようにしてください。

第16条(欠席・遅刻)

会員は、レッスンなどの当法人提供サービス開始時間に遅刻しないよう最大限努力するものとします。遅刻の場合の延長は受け付けていません。遅刻によりレッスンを受講できなかった時間が発生しても、当法人提供サービス利用料は減額をしないものとします。

第17条(肖像の利用)

当法人は、レッスン中の撮影やコーチの肖像が入った写真をSNS、テレビ、雑誌、書籍その他の印刷物において、無償で使用することを一切認めません。

第18条(会員の事故の責任)

会員は、当法人での活動に際しては、当法人の諸規定及びコーチの指示に従い、自己の責任において行動するものとします。会員は、当法人の諸規定又はコーチの指示を無視したために盗難、傷害等の事故が起きても、当法人及びコーチ等に対し、一切の損害賠償を請求しないものとします。 

第19条(損害賠償責任及び免責)

会員及び入会希望者は、当法人で活動中、自己の責に帰すべき事由により当法人又は第三者に損害を与えた場合、速やかにその賠償の責を負うものとします。

2 会員及び入会希望者による個人情報の登録のミス、メールの受信設定等、当法人からの送信履歴があるにもかかわらず、連絡が届かない場合の会員の損失について、当法人はその責任は負わないものとします。

3 当法人の責に起因しないシステム障害、電車等の交通機関の遅延、火災、停電、天災地変、疫病の蔓延など不可抗力を理由として本サービスが不履行し、これにより会員に損害が生じても、当法人は一切責任を負わないものとします。

4 当法人は、本サービスの提供にあたり、自らの故意又は重過失により会員に損害を与えたとき、会員に対して、その損害を賠償するものとします。ただし、当法人が責任を負う賠償額は、当法人が加入する損害保険会社の認定した損害額を上限とします。

第20条(準拠法)

 本利用規約および本サービスに関する一切の紛争については、その訴額に応じて、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第21条 (附則)

本規約及び細則の改正及び変更等は、電子メール、ウェブサイトでの掲示等、当法人が必要に応じてこれを行うものとし、その効力は全会員及び入会希望者に及ぶものとします。

2 通知が電子メールで行われる場合、当法人が会員又は入会希望者宛に電子メールを発信した時点で当該通知が会員又は入会希望者に到達したものとみなします。

3 通知をウェブサイトに掲載する場合、通知がウェブサイトに掲載された時点で当該通知が会員又は入会希望者に到達したものとみなします。

4 本規約は、2024年6月1日から施行します。

 

体験レッスン細則

 

第1条(体験レッスンの利用)

当法人の全ての提供サービスが体験レッスンの対象となります。

2 当法人は、会員以外の者(以下「体験レッスン希望者」という。)に、当法人の全ての当法人提供サービスの体験の参加を認めることができるものとします。

3 体験レッスン希望者の参加の可否については、本規約に沿って、当法人の自由裁量で判断することができるものとします。体験レッスン希望者がお申し込みフォーム内にて、スポーツ安全保険の加入を希望する場合は、スポーツ安全保険料を事前に当法人に支払うことで、当法人が体験レッスンまでに、体験レッスン受講者分をスポーツ安全保険に加入します。

4 体験レッスンは、利用回数は1人1回のみとします。

5 体験レッスンの参加料金は、当法人が別途定める料金表をご確認ください。

6 体験レッスン希望者が、レッスンの集合時間に遅れた場合、天災等の不可抗力の場合を除き、安全上の理由から、当日キャンセル扱いとし、当日の練習に参加できない場合があります。ただし、体験レッスンの対象が個人レッスンである場合には、遅れた時間や施設の利用時間等を考慮し、コーチと協議の上、レッスンを実施する場合があります。

第2条(体験レッスン料)

 体験レッスン料は、当法人のホームページをご確認ください。

第3条(予約のキャンセル)

予約のキャンセルは、事前に担当コーチへ連絡するものとします。

2 レッスン前日正午12時00分以降のキャンセル(無断欠席を含む)は、レッスン料100%のキャンセル料がかかります。

第4条(入会)

体験レッスン希望者は、本規約及び当法人が別途定めた細則に従い、2回目のレッスン予約確定で会員登録希望者とし、入会金とスポーツ安全保険料をレッスン受講の翌月に納入確認後、当法人の会員とします。ただし、体験レッスン時までにスポーツ安全保険の加入が終了している場合、再度スポーツ安全保険の加入は不要のため入会金のみの請求となります。

 

会員細則

第1章 個人レッスン

第1条(参加料など)

個人レッスンの利用においては、個人レッスン料などが必要となります。詳しくはホームページをご確認ください。

2 個人レッスン料は、レッスン日の属する月の翌月6日に該当月のレッスン料の請求書をEメールにて送信を行います。期日までに支払をしてください。

第2条(予約)

当法人のレッスン予約の手続きは下記のとおりとします。

(1)事務局又は、担当コーチとやり取りを行い、レッスンの予約を行うものとします。

(2)希望する日時で予約ができず、他のコーチを希望する際は、担当コーチにお申しつけ下さい。

第3条(予約のキャンセル)

予約のキャンセルは、事前に担当コーチへ連絡するものとします。

2 レッスン前日正午12時00分以降のキャンセル(無断欠席を含む)は、レッスン料100%のキャンセル料がかかります。





 

第2章 少人数水泳教室 OYOGOO!

​第5条(参加料など)

少人数水泳教室の利用においては、月会費あるいは教室参加の都度、参加費などが必要となります。詳しくはホームページをご確認ください。

2 月会費は当月1日、都度参加は教室参加の実施月の翌月1日に請求書をEメールにて送信を行います。期日までに納入をしてください。

第6条(欠席(キャンセル)・振替・遅刻・退会)

月会費制は、練習開始時間までに欠席の連絡をいただいた場合のみ、1人につき月1回まで他の実施回に振替が可能です。​振替期限は、欠席日の1カ月以内となります。教室により振替制度がない場合があります、詳しくはホームページをご確認ください。

 

2 都度参加は、前日の午後0時までに当法人へ連絡を行うことでキャンセルをすることができます。上記期限を過ぎた欠席について、レッスン料100%のキャンセル料がかかります。

第7条(退会)

 退会を希望する場合には、退会希望月の前月の最終日までに公式LINEへメッセージを送り、退会フォームの送信を行うことで退会することができます。月の途中での退会(ご返金)はできないものとします。

 

第3章 MYUUスイミングクラブ

第8条(利用料など)

MYUUスイミングクラブの参加には、月会費などが必要となります。詳しくはホームページをご確認ください。

2 月会費は当月1日に請求書をEメールにて送信を行います。期日までに納入をしてください。 

第9条(休会及び退会)

会員は、当法人に申し出ることにより、休会することができます。なお、休会後に本会に復帰する場合には、入会金は不要となります。復帰時に練習クラスが満員の場合は練習には参加できず待機となります。

2 退会を希望する場合には、退会希望月の前月の最終日までに公式LINEへメッセージを送り、退会フォームの送信を行うことで退会することができます。月の途中での退会(ご返金)はできないものとします。

 

第4章 イベント

 

第10条(参加費用)

 当法人が開催するイベントの参加費用等の詳細は、当法人の各イベントのサイトをご参照下さい。

第11条(キャンセルなど)

キャンセルは、イベント開催日7日前のご連絡は、参加費用等の50%のキャンセル料、3日前以降のご連絡は参加費用等の100%のキャンセル料がかかります。イベントにより返金対応に該当しない場合があります。詳しくはホームページをご確認ください。

 

 

第5章 その他

 

 第12条(附則)

本細則の改正・変更等は当法人が行うものとし、その効力はすべての当法人の提供サービス利用者(会員・入会希望者)に及ぶものとします。

2 前項の改正・変更などを行う場合は、原則として1ヶ月前までにその内容を当法人のホームページ等にて告知し、変更後の細則を公表します。なお、事情により告知・変更までに1ヶ月前の期間を設けない場合もあります。ご了承ください。

bottom of page